スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】第5回PS&PS2駅伝 PS版DQ4RTA(5時間02分30秒)

PS版DQ4RTA 記録5時間02分30秒(2013/5/3第5回PS&PS2駅伝本番)のレポートです。

[プレイ環境・条件・その他]
記録:5時間02分30秒(区間賞)
達成者:ろぜ
達成日:2013年5月3日(ニコニコ生放送上、第5回PS&PS2駅伝本番)
使用ゲームディスク:廉価版
使用機種:PS2(SCPH-90000)
使用コントローラ:HORI ANALOGSINDOUPAD2 TURBO

[プレイポリシー]
○リレミトによる馬車呼びはOK
○馬車殴りはOK

[プレイ概要]
1章:力の種2つ、命の木の実1つ使用。全滅0、ライアンレベル3クリア
2章:アリーナレベル11クリア。メタル1
3章:鉄の胸当て、鉄の盾、正義のそろばん9本、ホーリーランス1本残し
4章:ミネア、マーニャレベル6、6クリア。命の木の実はミネア2、マーニャ1(ミス)
5章:四天王後マズン調整。

[ラップタイム]
DQ4ラップタイム_第5回PSPS2駅伝_50230_20130503_3

[予定戦略]
別記事にてまとめています。 

[実際の進行]
1章
・配信トラブルもあってホイミン加入がやや遅れる
・道中ピクシー1、ベビーマジシャン1のエンカで1発でレベル3に
・目玉は2ターン目防御で発狂したものの、2回ともミスだったので問題なく撃破
 
2章
・最初の命の木の実はアリーナHP22だったので、アリーナに投与→+6
・カメレオンマンは初ターンアリーナが眠ったものの、聖水アタックが決まってさくっと撃破
・黄金の腕輪道中でおにこぞう4でブライ落ち、腕輪フロアでエンカ数過多など若干ツン
・さえずりはブライ落ちだが1発突破
・力種吟味は+4でアリーナレベル5力22に
・エンドール道中鎧4に2逃げミスで1リセ
・ラリホー稼ぎ時にこうもり4に襲い掛かられクリフト、ブライ落ちで一度教会戻り
・アリーナレベル8(経験値1158)でメタル1狩り、その後3エンカでレベル11へ
・闘技場はサイモンに薬草つまれるも、会心で抜け。
 ベロリンはA連打で11ターン撃破 DABBBCYBACA Y;薬草
・ブライはリレミト未修得

3章
・エンドール道中でリリパット1、切り株お化け1のエンカを引き2逃げミスHP1の後逃げる
・はがねは2回目で3533Gで売れた
・前掛け転売はボケか1300付近の両極端な状況でそろばん3本で転売開始
・ネネさんは普通

4章
・コーミズでキメラ3を購入のところ、2しか購入しないミス
・デスルまでは普通
・2個目の命の木の実をミネアに使用するミス
→5章まで響く大きなミス・・・
・鉱山道中は普通
・鉱山後外で1エンカしレベル6、6に
 木の実投与ミスにより、この時点でミネアHP49、マーニャHP39 という状況
・バルザックは問題なく撃破

5章
・裏切り小僧道中はややデレ
・鉄盾購入のため、砂漠の宿屋の宿泊カットして砂漠で稼ぎ、
 アネイルで宿泊+鉄盾購入+力の種回収
・タイガーまでにメタル出現せず
・タイガー初ターンニフラムとラリホー効かず、2ターン目HP27のマーニャを動かしたら
 タイガーの打撃でマーニャ落ち。その後辛くも勝利。
→まず、HP27で動かしたのがミス。また、28ポイントのダメージで倒れたので、
 4章の木の実振りミスがなければ耐えていた

このマーニャ落ちにより、マーニャにリレミト入らず。また、ブライも未収得であるため、
リレミト使用者が0という状況に。

 
・しのびあし稼ぎは鉄蠍3で終了
・パデキア洞窟は3エンカとツン(普通は1エンカ)なものの、大きな被害なし。また、リレミトが
 ないため、歩いて脱出。帰りにすばやさの種回収。
・スタンシアラ道中でキラーアーマー4に襲い掛かり。安定のしのびあし調整()

・リレミト使用者がいなかったので、スタンシアラの後にアッテムトに行くところを、
 コナンベリーに行きメタル狩りを敢行
→1エンカでメタル1を狩ってマーニャとブライがリレミト習得。その後アッテムトへ向かい、
 通常の世界めぐりに戻る

・その後の世界めぐりは、海鳴りの洞窟でしにがみ5のエンカを引き、パノン落ち
 ↑以外は何事もなく突破

・コナンメタル狩りは終盤予定より多くのメタルが狩れたのではぐれ2からはぐれ1に切り替え
・1次王家は2エンカめでハンババ2、はぐれ2のデレエンカを引くものの襲い掛かり
 こちらのミスがない限りほぼ事故のない編成であったため狩りを強行するものの、
 かみ合わず狩るのに6分12秒かかる。

・キングレオ後マーニャレベル19に上がる予定が上がらず。
 経験値計算シート上では習得のはずだったので、どこかで入力ミスしていた模様
→ソレッタ周辺で2エンカしてレベル19へ

・サントハイム城でエンカ
→1次王家後ににおいぶくろを切り忘れたミスのせい
・バルザックは普通

・ガーデン道中ではぐれが出るも、ライアン生存だったので逃げ
・ガーデンブルク南洞窟はグレートオーラス2のエンカで1砂
 アイスコンドル4を引くもドラシの性能に甘えて2逃げして成功
・バコタはルカニを無駄に打つミスあり

・滝の流れる洞窟は1襲い掛かりがあったものの問題なし
・魔人像~デスパレス道中エンカ0というものすごいデレ

・2次王家は3匹狩りなどは多かったが、はぐれが出ないことも多く総じて平運

・エスターク区間はライノスキングにラリホーを反射された以外は普通
・世界樹、天空塔も普通

・天空城到着時に1位だったものの、リードは僅差だったのでドラン加入を泣く泣くカット
 また、天空城のしずくをカット
・闇の洞窟は普通

・四天王
 ギガデーモンは痛恨が多く砂1使用の強敵
 ヘルバトラーは2ターン目壊滅しかけるもその後は問題なく撃破。

 問題はアンドレアル。
 2回目のルカナンを入れる際に打撃してしまったミスからあせり、あれよあれよと5匹も呼ばれる展開
 
 エビルプリーストはルカニが2回外れたものの、アリーナが会心を連発したため楽に撃破

・デスピサロ
 3形態で1スクルト打たれた以外は特にツン行動がなく、さくっと撃破

・エンディング
 半歩道を間違えるミス


[感想]
まずプレイ内容について総評すると、案の定緊張によるミスが多かったものの、
緊張すること前提の安定志向チャートのおかげで大崩れせずに済みました良かった!
というところ。

運要素を考えると、正直4時間50分台前半は出る状況だったので内容としてはかなり微妙。
とはいえ、区間賞のトップでバトンを渡せたので、結果としては十分なものであったと思います。

以下、進行状況に合わせた心境や感想など。

・開始前
開会式枠を見ながらデスピサロ練習をしていたら、運営から選手宣誓をあみだで決めると
いきなり言われてあせる。結局宣誓することはありませんでしたが。
その後は視点回転の練習をしつつ指を暖め、本番へ。

・1章
案の定緊張して手がプルプルしていたところに配信トラブル。その対応のため数秒
することとなり少しロス。
ただ、このトラブルは以前にも起きていたもので、このときはFMEAutomatorを
再起動することで直ったので同じ対処をしたのですが、結局直らず。
自動化配信ボタンを押しなおすことで一時的に配信再開されることは知っていたので、
終始その対処をすることに決める。

このことは、あらかじめ本番想定練習にて経験していたことが生きたといえば生きたの
ですが、根本対処を取っておけば良かった話なのでそこは反省。
でも、原因よくわかんないので今後大会にでるようなことがない限りは放置するでしょうね。

湖の塔の狩りはEXP.34の効率のいいエンカ(必要最低レベルの3に必要な経験値が32)
で、その後ノーエンカというデレ。

手先戦は2ターン目に防御される最近のレベル3凸の恒例の光景を見る羽目になった
ものの、3ターン目2回ぴょこぴょこ跳ねてミスだったので安定撃破。
幸先良くスタート切れたが、他の2人も1抜けという手先(というか目玉)の体たらく
のため若干テンションが下がる。

・2章
カメレオンマンは最近の練習で聖水アタックがまったく決まっていなかったが、
本番ではきっちり決めるあたり空気読んでた。

腕輪フロアの聖水の分岐点から腕輪までの間に3エンカというツン。
ラリホー稼ぎ中に襲いかかりからのクリフトブライ落ち。ここまでで1章から
3回目の襲いかかりでなんだよこれ状態。

さえずり、種吟味はすんなりいくものの、エンドール道中で鎧4に2逃げミスで
全滅リセ。どちらか忘れましたが、対戦相手が鎧4を即逃げしてて卑怯。

ここのところメタルがまともに狩れないエンドール狩りですが、レベル8の
いいタイミングで狩れ、ステもそこそこ。
他の2人が稼ぎしている中闘技場IN。

闘技場はビビアンが伝説のギラ3連、サイモン薬草後会心などサプライズも
ありつつ2章1抜け。

ただ、懸念事項としてブライのリレミト未修得があり、なんかやな感じでした。
また、2章1:10切れたので内心5時間切れたやろーと思っていたのですが、
なかなかそうは問屋がなんとやら。

・3章
エンドール道中のエンカにリリパットがいたのですが、以前練習のとき甘えて
ステテコパンツ装備せずに逃げたらエライ目にあったので、装備させたらHP1
残りで逃げ成功。甘えないことはホント大事。

6万G輸送時にダックスヒル、キラースコップというお誂え向きなエンカを
引いてしまい、焦りよりも笑いがでる。1逃げが決まり、伝説になりそこねて
しまいました。

この章で2位のゆったんさんに抜かれると思っていたのに抜かれなかったので、
いよいよ勝ちを意識し始めたのがグダグダの始まりでした。。。

・4章
コーミズの買い物で1G残るところ26G残ってしまいキョどる。差額25Gなので
キメラ買い忘れ安定なのですが、それに気づけずもやもやしたまま外へ。
外に出た段階で気づいたものの、2回全滅しないと問題にならないのでスルー。

思えばこのあたりからテンパっていたのですが、後ろがすぐそこにきていたので
あせりながら先に進める。

と、ここで今回のプレイ最大のミスの命の木の実ミネア2個投与をやってしまう。
放送中は何事もなかったように振舞っていましたが、内心はかなりのショックで
大焦り。

ここで、マーニャタイガー落ちからのリレミトなしや、1次王家グダグダが頭に
よぎりかなりげんなりとしてました。
幸いなことに4章自体は問題なく突破できたのですが、案の定5章で・・・
という展開を迎えることになるわけでした。

・5章
散々立ててきたフラグをきちんと回収してしまいました。

マーニャのタイガー落ちからのリレミトなし。進行にも書きましたが、
初ターンのニフラム、ラリホー外れから焦ってしまい、HP27のマーニャを動かして
しまう。しかも自分に薬草という微妙な行動。
しかも、残HP27に対してタイガーの打撃28Pで落ち。
4章で木の実振り間違えてなければ耐えてましたと。

ここまで、段階踏んで事故ったのはあまり記憶になく、このゲームというかRTAって
面白いなと思いました。

リレミトがなくて困るのはパデキア洞窟、滝の流れる洞窟、海鳴りの祠、コーミズ西の
洞窟あたり。
前2つはまだしも、後ろ二つはリレミトが欲しかったので、アドリブで先コナンメタルを
狩りに行くことに。
リレミトないときの対処をしっかり考えていなかったのは何気にひどいのですが、先コナン
メタルについてはドラシチャートを組むに際にアイディアとして考えていました。
その際、時砂がないこと以外はほぼ変わらないことを確認していたのでまあ何とかなる
だろうと思ってました。
実際、1エンカ目で1匹狩れて上手くはまったのでホッとしました。

スタンシアラ道中のしのびあし調整()は何とかならないのか。
というか、ここ最近の練習キラーアーマー4を引き過ぎ。

コナンメタルがデレたため、はぐれ1に切り替えて王家2エンカ目ではぐれエンカ
を引いたまでは良かったのですが、ハンババ2、はぐれ2の襲い掛かり。
編成はミスのない限りほぼ事故のない、正直最大級のデレエンカだったのですが、
襲い掛かり→2匹即逃げ→砂→2匹即逃げ→・・・の流れや、勇者麻痺がいやらしい
タイミングで刺さるなど、すんなり行けば1分ちょっとで終わるところ6分12秒
かかってしまいました。
2エンカ目で引けたことを考えると、これでも平運程度ののペースだったので
悲観することはなかったのですが、精神的なダメージは大きかったです。

さらに追い討ちをかけるように、マーニャ経験値入力ミスによるメラミ未修得、
においぶくろ切り忘れによるサントハイムエンカとぐっだぐだ。
入力ミスについてはどの部分か特定する気がおきませんが、木の実振り忘れが
尾を引いているのは確かでしょう。

ガーデンブルク南洞窟でアイスコンドル4を引いて、ドラシあるから余裕ですわ
とか行っていたら、他の2人も引いていてどや顔できるんじゃないかと思って
いたらあっさり逃げていて微妙な気分に。

バコタ後~デスパレス区間はエンカがデレデレ。
特に魔人像~デスパレスエンカ0はかなり加速。

2次王家は、一見デレたように見えて出現しない期間がちょこちょこあったので
タイムは普通。他の2人より王家INが早かったこともあり1抜け。

エスターク撃破時点で5時間切りワンちゃんでしたが、後ろがすぐ迫っていたため、
ガン攻めすることはできず、力盾回収、ドランしずく1カットを選択。
特にドランについては色々な意味で面白いと思っていたので断腸の思い出スルー
することに。 入れてやりたかったホント。

本音をいうと、もう少し独走状態でドラン入れて華麗に勝利というのを最高の状況
としてイメージしていたのですが、プレイヤーが下手だったため叶わず。

その後はアンドレアルぐだりでもくさんに抜かれたかとヒヤッとしたけど、もくさん
もアンドレアルでぐだっていたので、装備や種回収で勝る自分の勝ちをほぼ確信しま
した。

実際、ピサロもデレデレでさくっと撃破でき、無事トップでバトンを渡すことができ
ました。

・その他の話
今回のチャートは去年の12月に作成に着手し始めたもので、着手時点でリレーの第1
走者であることはわかっていたので、例え最下位でもトップから大きく離されない
ようなチャートとすることに決めていました。

その際、アベレージ5時間10分、5時間切りワンちゃんというところまで詰めればいいかと
考えていたのですが、今年に入ってから1発勝負でも5時間切りは普通といったように
走者とチャートの水準が急上昇していった状況でした。

チャート水準向上のおかげもあって、自分の安定志向チャートでも5:05くらいの
アベレージは出せるようになったのですが、それでもやや物足りない。
加えて対戦相手もレベルが高く、正直自分のチャートが平均して遅いことはわかって
いたのでチャートコンセプトを変えようと思ったことは1度や2度ではありません
でした。

とはいえ、自分が本番で緊張することは経験上わかりきっていたので、根本部分は
ぶらさず練習し、結果いい方向に働いたと思います。

また、今回は後ろを走るチームメイトが3人ともトッププレーヤーだったことも
大きかったです。
前夜祭では、自分が15分離されなければなどと言っていましたが、内心3~40分
くらい離されても普通に逆転してくれるであろうと確信していました。
おかげで、気負わずに自分の走りにだけ集中することができました。
蓋を開けてみれば、2位に54分半差をつけての優勝であり、本当にチームメイトに
恵まれたなと思います。

次回の大会についてですが、日程が合うなら5で出ようかなと思います。
正直、半年くらい触っていないので現在の実力ではお話にならないでしょうが、
なんだかんだいっても5が専門のプレーヤーだと思っているので、全盛期以上の
実力をつけて参加できたらいいなと思います。

最後に、駅伝にかかわったすべての皆様ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rayrozec

Author:rayrozec
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。